3年次の3クール6か月間の 臨床実習が魅力的!!

本校では、臨床実習を3年次に3クールにわたって実施します。臨床実習は理学療法士の一連のプロセスを経験し、理学療法士としての資質を養うことを目的とします。最終的には、評価から問題点の抽出、治療プログラムの立案、基本的な理学療法を実施できることを目標とします。

卒業生からの一言・・・
3クールあることで、充実し決して駆け足ではない臨床実習が送れます。また、進行度合いにより早期から患者様に触れさせていただくことができ、治療者としての実感もそこでわきはじめ、ますます意欲が出てきます。臨床実習でしかできない経験ですし、得るものも大きく、プロフェッショナルとして臨床に立った際に役立つこと間違いなしです。

  戻る

  戻る